1966年頃以上イングランドの敗退はいつもの図案だ

ユーロ2016の凖々決勝でイングランドが誠に弱小国アイスランドに敗れたと知って、到底と思ったのですがまたかとも思いました。
1966年代W杯イングランドビッグイベントでの優勝以来、インターナショナル肩書きに結構手が届かないイングランドでしたのでそれがいつものモデルだったからだ。
英のユーロ退却の誘惑も多少はあるかもしれませんが、何とか何でも人口30万人程度の小国アイスランドに負けたとなっては、単純に恥として、かつ世紀の大番狂わせとしてサッカー史に刻まれてしまうことは避けられないでしょう。
そうするとブラジルビッグイベントで部類ステージを敗退しながらなぜか使命も取らずに演出の座に居座り続けていたホジソンちゃんも辞任しなければならないだから新演出が来るのを待つのが楽しみです。
こういう数値を聞いて一際喜んでいそうなのが、2年代前のW杯ブラジルビッグイベントで7対1という大差でしかも最前でドイツに敗れ演出の座から去った元ブラジル第一人者演出スコラリちゃんではないかと思いました。脱毛ラボ 料金 コース