失敗や悪い部分から学ぶ事は必要ですね。これが反面教師ってやつですね。

女性はいつも美に関して熱心で女性同士でそれを争う事もしばしばありますが、ニッポン美肌県グランプリ2017というものがあったそうです。

これはどこかで開催されているという訳ではなく、化粧品メーカーであるポーラが算出したデータだそうです。

そして大分県はワースト2位とかなりショッキングな内容だったそう。

肌にダメージを与える強風が影響する佐賀や福岡のランキングも低く、その影響もあったとみられてはいます。

しかし大分県の日照時間は平均的で、水蒸気密度も10位である為、その辺はむしろ条件的には肌にいいのではないかという事らしいのです。

しかし大分県には肌の天敵が期間限定で存在しているようです。秋から春にかけて肌荒風という突風が発生しやすいそうです。そして風が肌の温度を下げるのも良くないのですが、そこに加えて北風には肌によくない中国方面から来る黄砂なども含まれており、ダブルパンチとなってしまうようです。

ちなみに大分県南部は南風が強く吹くのが良くないそうです。

今回のこの話は大分県中心ですが、強風が肌によくないのは全国どこでも同じだと思います。

肌を綺麗に保つにはマスクやストールを上手く使う事が大事なようです。