「BONES 骨は語る」シーズン4 第3話を見て

アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン4の第3話「浮気の代償」を見ました。
いつものように冒頭で事件が発生してブースがブレナンの自宅まで迎えに行くと、恋人らしき男性と鉢合わせをします。タトゥーが目立つマッチョな肉体労働者というのが、とても意外に感じました。ブレナンとは話が合わないのではと思っていたら、なんともう一人恋人がいることが発覚。二人目は知性派の植物学者なのでした。二人と同時に付き合うことに嫌悪感を示して、それは良くないとブレナンを諫めるブースがなんだかとてもかわいらしく見えました。ブースのこういうまっとうで正統派の考え方には、とても好感が持てます。
その後、恋人二人が顔を合わせてしまうシーンではハラハラしましたが、こうなることは予想できたので仕方ないですね。結局二人ともと破局してしまったブレナン。ブースと恋人同士になる日が、いつかはやってくるのでしょうか。
また、ザックのいなくなったラボで奮闘する新人女性デイジーの空回りっぷりが面白かったです。ミュゼ100円脱毛口コミ

懐かしいと思って始めたゲームが進化しすぎて難しかった

私が中学生の時に、ぷよぷよというゲームが流行りました。当時私はプレイステーションの初期を持っていて、ぷよぷよのソフトが欲しくてたまらず両親に何度もおねだりしたのを覚えています。ソフトも5千円くらいして、中学生の私にはとっても高い買い物でした。他の子はみんなソフトを持っていて、家で鍛えているらしくゲームの技術もすごかったんです。私もなんとかしてソフトを買ってもらい、頑張って日々練習したりしました。
そんなぷよぷよも、現在ではぷよぷよクエストという名前のゲームアプリになっていて無料でできるようになりました。私は懐かしさのあまり、速攻ダウンロード。昔培ったゲーム技術がどこまで通用するかなぁといそしんでいたところ、なんとゲームはとっても進化していてもはや別物になっていました。キャラクターも100体以上あるし、カードを集めて強化していくという部分が追加されていました。昔はただぷよぷよを連鎖させてたくさん消していけばよかっただけなのに、キャラを強化しないと先に進んでも勝てません。ルールが複雑になりすぎて、ネットで攻略法を読む毎日です。こんなルール覚えられるかなぁとビビりましたが、時代についていけないのは悔しいので頑張ろうと思います。

洋服の収納は、引き出しに仕切りをつけるのがポイント

長らく洋服の収納で悩んできました。
適当にいれると次第にぐちゃぐちゃしてくるし、丁寧にいれてもそれはそれで時間がかかるばっかりで続かないし…。
でも、片付けの本を見ているうちに、洋服ダンスの引き出しに仕切りをつけることが大事なんだと分かりました。

引き出しのなかに仕切りがあるだけで、洋服がバラバラにならないし、探しやすくて便利です。
仕切りといっても大変な作業をするわけではなくて、百均で引き出しのサイズに合ったプラスチックのかごを入れ込むだけです。
もしくは、仕切り用の板も市販されているので、それをうまく組み合わせて引き出しにセットすれば大丈夫です。

仕切りをつけると、洋服が見やすくなるので似たような服を買わなくて済むし、何を持っているのか把握できるので、手持ちの服を満遍なく着ることが出来ます。
なにより、引き出しを開けたときの整理整頓されているスッキリ感が嬉しくなります。
こまめに整頓しておくと大掃除の必要もなくなるので、楽チンですよ。http://www.redhaber.com/